LANDMARK-JAPAN

人生お役立ち総まとめ

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!


手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!


こんな内容です。



1) スウィングを安定させるには  

2) 肩を水平にまわすには 

3) パターの練習法 

4) パターの練習法その2  

5) やっぱりアドレス  

6) ダブルボギーは当たり前?

7) 視線はどこへ? 

8) 姿勢について 

9) ゴルフは左手が大事  

10) 右ひじについて 

11) ホールイン・ワンについて 

12) ホールイン・ワンの続き 

13) トップからの切り返しについて 

14) ゴルフ紳士、淑女 

15) 飛ばしのテクニックについて 

16) 2度打ちについて 

17) OUT、INって? 

18) つま先上がりのボールの打ち方

19) つま先下がりのボールの打ち方 

20) スタート前にやること 

21) 打ち上げ、打ち下ろしのホールの打ち方 

22) インドアでの練習法 

23) ミスの挽回? 

25) アウトサイド・インの修正・石川遼 

26) 魔のシャンクの治し方 

27) スウィングアークについて 

28) ヘッドアップ防止法 

29) バンカー脱出の鍵

30) フィニッシュからのゴルフ 

31) 体重移動について 

32) 体重移動、その2

33) スウィングスピードについて 

34) ゴルフと利き目の関係について 

35) スウィングプレーンの勘違い 

36) 左手のロールについて 

37) パターの練習法

38) 緊張を解く方法 

39) ゴルフにとっての「重力」とは?

40) ゴルフイップスについて

41) 大きなフィニッシュを取る方法 

42) 一本足打法ドリルとは?

43) 自分のスウィングチェックには・・・ 

44) パット成功の秘訣 

45) 再度パターの精度について・・・

46) ゴルフスウィングでの息遣いについて

47) 再び息遣いについて

48) 力を抜く、ゆっくり振る

49) 練習が必要な人ほど練習をしない

50) グリップ、グリップ

51) パターのグリップ

52) 腕の重みを知るって?

53) 腕の長さを知るって?

54) スライスの主な原因とは?

55) ハービー・ぺニックの教え

56) ゴルフにおける想像力

57) マスターズ・トーナメント

58) マスターズ・ボビー・ジョーンズ

59) マスターズ・オーガスタナショナル

60) セントアンドリュースについて

61) ゴルフは危険?

62) ショートゲームの重要さ!

63) プロゴルファーの凄さ!

64) ゴルフマナーについて







>>>手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

















  1. 2017/7/21(金) 14:34:11|
  2. ゴルフ上達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory” 【DR0001】






ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory”





Disc1 飛ばし理論1一般編Disc1

ヘッドスピードを上げるために安楽が常に意識している左足の使い方とは?

腰のキレでは飛ばない!本来の自分のヘッドスピードが蘇る本当の腰の使い方とは?

ヘッドスピード60の安楽が、ヘッドスピード70m/sを超えるドラコン選手よりも飛ばせる秘密とは?

PERFECT Theory(リズムの重要性)

「静」と「動」この2つの交互性が飛ばすための大きな要素!その仕組みとは一体?

左手の握りは一切気にしない!人間のカラダの自然なメカニズムを利用した最も効果的な握り方とは?

フックグリップ、スライスグリップ、スクエアに握りなさい…は間違い!スイングのパワーを120%ボールに伝達させ、より遠くへ飛ばす右手の使い方とは?

PERFECT Theory(アドレス)

アドレスを見ただけで飛ぶ人と飛ばない人が解る!その違いとは一体?

トッププロのアドレスを真似しても飛ばない!あなたに合ったぶっ飛びアドレスとは?

「動」から「動」の動き出しで8割の力でも今より20ヤード以上飛距離を伸ばせる方法

岡本綾子プロや青木功プロ、ジャックニコラスなどトッププロが使うテクニックを、ゴルフ初心者でも使えるものに改良し、より遠くへ飛ばすことができる画期的な方法

トップの位置、切り替えしの位置を意識しなくても精密機械のように全くスイングが崩れない非常識な方法とは?

99%のゴルファー達が遠心力のパワーを100%使いこなせていない一番の原因とは?

遠心力のパワーを100%ボールに伝達し、より曲がらずに真っ直ぐ遠くへ飛ばせる方法

頭を残して腰をきれ…では飛距離が落ちる!何度打っても飛距離が変わらない安定したスイング法とは?

PERFECT Theory(ボールとインパクト)

小さいボールを躊躇せずに思い切って振り抜ける、安楽流イメージトレーニングとは?

ボールは点ではなくスイングのゾーンで捉えることの重要性とは?

カラダの全パワーをスムーズにクラブヘッドに伝える最も効率の良いスイングとは?

PERFECT Theory(フォロースルー)

手が伸びた理想的なフォロースルーを生み出すための最重要項目とは?

飛ばすために必要なスイングスピードを爆発的に高める遠心力とは?

飛距離アップに絶対必要な遠心力を生み出すための安楽式練習法とは?

Disc2 飛ばし理論2一般編 飛ばし理論3 上級編



アベレージゴルファーの最短×最速飛距離アップ講座

非力な女性の最短×最速飛距離アップ講座

Disc2

実は、右手の握りを変えるだけでヘッドスピードを39.7→41.1までアップさせることができる!その右手の使い方とは?

ゴルフボールを投げれば飛ぶスイングの全てが解る。その秘密とは?

手首は絶対に固定させない!スナップを利かせて飛ばすパワーを生み出す方法とは?

両膝を内側に絞るからボールは飛ばない!遠くへ飛ばせる両膝の使い方とは?

頭はクラブヘッドと同時に動かした方が飛距離は伸びる!その理由とは?

一瞬にしてヘッドスピードを上げる“あっけないくらい簡単”な左足の使い方とは?

石川遼選手のスタンスを真似しても飛ばない!自分のカラダに合ったぶっ飛びスタンスとは?

99%のアマチュアゴルファーは知らない、飛距離を伸ばすための最重要項目とは?

たった3つのポイントを改善するだけでドライバー飛距離を69.6ヤードもアップできる、その方法とは?

身長が低くても腕力がなくても圧倒的に飛距離は伸びる。そのアドレスの取り方を公開!

非力な女性でも59.1ヤードも飛距離アップできる。その2つの方法とは?

ヘッドスピードを32.8から34.1までアップさせた両手・両膝の使い方とは?

ボールを遠くに飛ばす人ほど例外なく使っている下半身の動かし方とは?

腕をムチのように使い飛距離アップできるカラダの軸を中心にしたスイングとは?

パワーヒッタードラコン選手の最短×最速距離アップ講座

シングルプレーヤープロ研修生の最短×最速距離アップ講座

パワーがあればあるほど飛ばない悪循環に陥ってしまう!その罠とは?

374ヤードを飛ばすドラコン選手さえ知らない!プラス20ヤード飛距離アップできる下半身の使い方とは?

劇的にヘッドスピードを上げることができる。その左足に隠された秘密とは?

カラダの軸に蓄積されたパワーを最大加速で振り抜ける、左右非対称のスイングアークとは?

パワーがあるのに飛ばない人は力の集約ができていない!気持ちよく振り切るためのイメージトレーニングとは?

スイングの形を意識するほどリズムやテンポが崩れる!慣性に逆らわず自然とクラブを振りぬける方法とは?

アドレスが完璧でも飛距離が伸びるとは限らない!その理由とは?

切り返しのテンポを速めただけで飛距離アップできる。スイングリズムの法則とは?

スイングリズムを自分自身の体内時計に合わせるテクニックとは?

クラブを振り下ろすパワーを200%ボールに伝達させ、曲がらずに飛ばせる秘訣とは?

トップ、バックスイングの位置は意識しない!精密機械のようにスイングが全く崩れない秘密とは?

スイングスピードを失速させている最大の原因とは?

クラブヘッドが外へ逃げようとするその力を利用して飛ばす!バックスイングの動かし方とは?

Disc3,Disc4 飛ばし理論4 上級編



一般ゴルファー12人の最短×最速飛距離アップ講座1~4



なぜ、真っ直ぐ遠くへ飛ばないと悩む12人の一般男性ゴルファーが、



飛距離230ヤード 球筋ドロー系の40代男性の場合・・・

飛距離220ヤード 球筋フック系の50代男性の場合・・・

飛距離230ヤード 左右両方に曲がる60代男性の場合・・・

飛距離210ヤード 球筋スライス系の50代の男性の場合・・・

飛距離240ヤード 球筋ドロー系の30代男性の場合・・・

飛距離130ヤード 球筋もバラバラの30代男性の場合・・・

飛距離260ヤードの50代男性の場合・・・

飛距離260ヤードの20台男性の場合・・・

球筋スライス系の60代男性の場合・・・

飛距離250ヤード 球筋スライス系の30代男性の場合・・・

飛距離230ヤード 30台男性の場合・・・

飛距離240ヤード 球筋フック系の20台男性の場合・・・

たった3つのアドバイスだけで飛距離アップと方向性の改善、その両方を同時に手に入れることが出来たのか?

これが今回、あなたが手にする極秘スイング理論『Perfect Swing Theory』の全貌です。

まさに、今まで安楽が決して誰にも明かそうとはしなかった「極秘情報」とも呼べるもの。そう言っても過言ではないでしょう。この7枚のDVDをあなたにお渡しします。

天空を支配するほどのスイングを身につけることで、あなたはこんな優越感を味わうことが出来ます



もう説明など不要かもしれませんが、ここでこの「Perfect Swing Theory」を手にされたあなたが得ることのできるメリットを整理してみます。

5分の練習で飛距離アップと方向性が同時に手に入るから練習する時間がなくてもOK

フルパワーでスイングしなくてもヘッドスピードが上がり20ヤード以上飛距離が伸びる

非力な女性や中高年の人でも20ヤード以上飛距離が伸びる

若い頃のような飛距離が戻ってくる

仲間たちに「飛ばし屋」と冷やかされるようになれる

風にも負けない強烈な弾道を手に入れることができる

伸びのある高い弾道でドライバーショットを打つことが出来る

意のままに飛距離と方向性を操ることができる

曲がらずに飛ばせるのでOBや林に入れることを気にする必要がなくなる

ロングホールで常にバーディーを狙うことができる

2番手、3番手に持つクラブが変わりスコアも大幅アップすることができる

セカンドショットを誰よりも最後に打つことができる優越感が味わえる

シングルへの近道をすることができる

ゴルフコンペなどで上位を独占し恥をかかずに済むことができる

ゴルフコンペでドラコンキングになれる

プロのような美しい理想のフォームを手に入れることができる

スイングに無駄な力がいらないのでカラダの負担が軽くなります

体の心配をすることなく、いつまでも楽しく仲間たちとプレーできる

練習場でみんなから注目を浴びヒーローになれる

レッスン代や教材の購入など無駄な費用や時間を費やす必要が無くなる etc…

いかがですか?

私は、どこかのゴルファーのように、自分自身が飛ばすこともできないようなスイング理論を、あなたに提供するつもりも、“誇大表現”とも言える大げさなメリットを書き並べ、無理に購入を迫るということはしません。

ただし、これらを見てお分かりのように、「Perfect Swing Theory」を手に入れることで得られるメリットを一言で表すならば・・・

“最速で圧倒的な飛距離・弾道を手に入れることができる”

ということでしょう。





>>>ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory”

















  1. 2017/7/16(日) 10:37:45|
  2. ゴルフ上達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフ自宅練習プログラム




ゴルフ自宅練習プログラム





ゴルフ自宅練習プログラムは、

パソコンやスマホからご覧になれる会員サイトから動画をご覧いただけます。



これにより、あなたは自宅でパソコンから、練習場でスマホからも、

このゴルフ自宅練習プログラムの内容を見ることができます。



あなたの練習に役立ててください。



ゴルフ自宅練習プログラム



ゴルフ自宅練習プログラム



ゴルフ自宅練習プログラムは、突然の用事や残業があっても関係ありません。

道具も家にある物で十分ですし、場所も特に必要ありません。



好きな時間に自分がやりたい必要なレッスン内容が確認出来る。

そして、説明動画も分かりやすいと高い評価を頂いています。



まずは1日10分、動画をご覧ください。



ゴルフ自宅練習プログラム



会員サイトを使ってどこででも何度でも繰り返し

反復練習が出来るという大きなメリットがあります。



上手くなるまでは周りの目が気になりますよね!



ちょっと恥ずかしいと思うあなたも、自宅なら周りを気にせず

心ゆくまで練習する事ができます。



ゴルフ自宅練習プログラム



毎月のレッスン料、月謝などは必要ありません。



スイング編、アプローチ編、パター編で自宅で

簡単にできる練習方法が動画で簡単に学ぶ事が出来ます。



自宅で練習をして、一緒にゴルフの練習に行く友達を

びっくりさせてください。







>>>ゴルフ自宅練習プログラム














  1. 2017/7/15(土) 12:46:9|
  2. ゴルフ上達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アプローチ革命






アプローチ革命







アプローチをマスターし、あなたが全くの初心者でも

本当のゴルフの楽しさを味わってほしいと願いをこめ、

あなたのゴルフ人生の革命になるように「アプローチ革命」を製作してきました。





私は、徹底的に基本を練習することにより

アプローチを最短でマスターすることができました。



なので、特に基本編は徹底的に細かく解説をしております。



流れるような動きを1つ1つ、その場にいるように伝えられる

動画としてあなたにお伝えさせて頂きます。



一般的なプログラムは書籍やPDFが多いのですがその数千倍の情報量で

画期的に理解しやすいプログラムとなっています。



「こんなに細かく解説されているレッスンは初めてです」

などとたくさんの感想をいただいております。



また、私が実践して効果的な練習方法も動画多数ご紹介しております。



では、収録されているアプローチ革命のほんの一部を紹介させて頂きます。







STEP1(10~20y)飛ばないアドレスをつくるとは!?





誰も教えてくれなかった

足の姿勢・上半身の姿勢体重配分について徹底解説!

10~20y用にグリップの握り方や

ボール位置ダウンスイングについて、

クラブを初めて握る人でもわかるように

動画で丁寧に解説しています。



STEP2(20~30y)誰もが必ず状態の力を抜ける練習とは!?





20~30yのスタンスの幅、ボール位置について、

フェース面の動きについて徹底解説しています!



STEP3(30~40y)アプローチの下半身を完全マスターする方法とは!?



30~40yの体の向きや姿勢を徹底マスター!

フェース面やフォローの動き、体の体重の動かし方が

わかりやすく解説されています。



STEP4(40~50y)フォローの形を徹底してマスターするには!?





40~50yのフェース面やヘッドの位置、

ソールを意識したショット方法を伝授しています。



STEP5(50~60y)50~60yの際の打つ前の一連の動作とは!?





50~60y用の体重移動、ヘッド軌道、

フェース面の動きやスイングを徹底解説しています。







つま先上がりのアプローチ





上げにくく、左に飛びやすいボール軌道を

回避する為の方法とは!?

アドレス・目標の取り方も徹底解説しています!



つま先下がりのアプローチ





シャンクが出やすく、距離が出にくい軌道を

回避する為の秘策とは!?

前に倒れずらくなるスタンス、膝のライン、

つま先下がりのクラブの持ち方など解説しています。



左足上がりのアプローチ





ボールが上がりやすく、

距離が出ずらい左足上がりのアドレス方法とは!?

傾斜の度合いによっても対応できる左足の使い方、

グリップの握り方、ボール位置の取り方、

球の高さを変えていく方法についても徹底解説しています。



左足下がりのアプローチ





ボールが上がりにくく、

ランが出る左足下がりのスタンスの取り方とは!?

グリーンをオーバーした時に多く、

アプローチの中でも一番難しくボールが上がりにくく

ランが出る左足下がりになりますので

何度もこちらの動画はご覧ください。

左足下がりのスタンス、右膝の使い方、

距離の調整の仕方について徹底解説しています。



ランニングアプローチ



カップに入りやすい

ランニングアプローチのフェースの構え方とは!?

ランニングアプローチはミスが少なく

カップに入りやすい、いろんな場面で使える方法です。

クラブの握り方、スイング、ボールの落とし場所、

フェースの構え方を徹底解説しています。



バンカー越えのアプローチ





大きなミスになりやすい、

高くボールを上げてて止めるアプローチとは!?

スタンス、ボールのボジション、

重心の取り方をわかり易く解説しています。







合計11の追加レッスンを公開!



アプローチ革命

追加レッスンとして、

SWはじめの一歩、50ヤード以内のアプローチ攻略や

硬いバンカーでの打ち方といった

合計11のアプローチをより強化するためのレッスンを

購入者専用サイトでご覧いただけます。







今回のアプローチ革命の内容をパソコンやスマホからもご覧になれるように

購入者限定の会員サイトをご用意しました。



これにより、あなたは自宅でパソコンから、練習場や通勤中にスマホから、

追加レッスン動画を含めたアプローチ革命すべての内容を見ることができます。



・トップする、ダフる

・コースでミスが多い



時に必要なことは、「ゴルフ頭脳」です。

つまり、コースに出た時のイメージを出来るだけ多くイメージしていくこと。

この部分は、実は練習場でなくてもレベルアップは可能です。

今回のこの購入者限定サイトで、スマホやパソコンなどで、

通勤中や仕事の休憩中など、何度もレッスンを見ることができます。

ぜひ、アプローチ革命動画で「ゴルフ頭脳」を鍛えてみてください。

スコアが飛躍的にアップするでしょう!







>>>アプローチ革命
























  1. 2017/7/15(土) 12:43:45|
  2. ゴルフ上達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉本巧の『吉本理論 -アイアン編-』 -理想的なインパクトの形に特化したアイアン理論-







吉本巧の『吉本理論 -アイアン編-』 -理想的なインパクトの形に特化したアイアン理論- [GY0003]





アイアンの理想的なインパクトの形



『ダウンブローにハンドファーストの形でインパクトを迎えるため』に特化した指導理論。







その中身と手順を少しお見せしましょう。



アドレス時の『上半身の軸』の説明。



まずは、吉本理論の『上半身の軸』はどこにあるのかの説明を行いました。



『軸』というものについて議論する前に、まずは「軸の定義」をはっきりさせて、その「軸の言葉の使い方の統一」を行います。



アドレス時の、首の付け根の出っ張った骨を頂点として、腰に向かって作られる線が吉本理論の『上半身の軸』となります。この『上半身の軸』は体の中を通っているものではなく、体の表面に位置します。



吉本理論のバックスイングでは、この『上半身の軸』を中心に、『上半身の軸』を動かさないようにしながら肩と腰を回転させていく動きとなるので、『上半身の軸』を理解することは吉本理論で非常に重要になります。







バックスイングでの体重移動の仕組みの説明



吉本理論のバックスイングでは、『上半身の軸』を中心に、『上半身の軸』を動かさないようにしながら、肩と腰を回転させる。



これが吉本理論の『1軸理論バックスイング』となります。



アドレスで構えた状態からバックスイング始動後、トップのポジションまでのバックスイング時には、アドレス時に作った『上半身の軸』が左右には動かないというのが理想となります。



これを実現させるために、アドレスで構えた状態からバックスイング始動後、トップのポジションまでのバックスイング時には腰の位置も左右には動かないというのが理想となります。



アドレスで構えた状態からバックスイング始動後、トップのポジションまで右腰が右足側に流れないように意識することにより、バックスイング時に腰が右足側に移動しなくなる。



アドレスで構えた状態からバックスイング始動後、トップのポジションまで右腰が右足側に流れないようにすることを実現させるために、バックスイング時には右足の内太ももの筋肉をしっかり踏ん張る意識が必要になります。



そういったバックスイングでの体重移動について詳しく説明しています。





バックスイングの首の付け根の出っ張った骨の説明



アドレスで構えた状態からバックスイング始動後、トップのポジまでのバックスイング時には、首の付け根の出っ張った骨も左右に動かないとうのが理想となります。



アドレスからトップのポジションまで首の付け根の出っ張った骨を安定させることにより、バックスイング時に上半身の軸を安定させることができる、という説明とその方法をお伝えします。







バックスイング時の『体重移動』の説明



アマチュア選手が誤解しているポイントの1つに、『バックスイング時の体重移動』=『バックスイング時に腰を右足側へ移動させる』というのがある。



『バックスイング時の体重移動』は『バックスイング時に腰を右足側へ移動させる』ということではありません。これが大きな誤解です。



『バックスイング時の体重移動』は決して『腰の移動』ではなく、体の中で体重が移動するということになる、という説明をここで行います。







バックスイングをあげる3つの方向の説明



バックスイングの始動のテイクバックでクラブヘッドをあげる方向は大きく分けて3方向あります。これらの方向は、



1、クラブヘッドをアウトサイドに上げる。

2、クラブヘッドを飛球線(ターゲットライン)上に真っ直ぐ引く。

3、クラブヘッドをインサイドに引く。



の3方向となり、それぞれの引き方には一長一短があり、それぞれの引き方の一長一短の説明をおこないました。



吉本理論のテイクバックの引き方は上記した3の『クラブヘッドをインサイドに引く』となり、

それがベストである、論理的な説明と方法を解説しています。



これは、アドレスからトップのポジションまでのバックスイングの前半である、アドレスからバックスイング始動後、『シャフトが地面と平行のポジション』までに胸の面をしっかり回転させ、両肩をしっかり回転させることを目的としています。



この理屈から考えると、3の『クラブヘッドをインサイドに引く』というバックスイングが、最も確実に、最も安全にバックスイング時に胸の面を回転させ、両肩を回転させることができるからです。



アマチュア選手の多くのミスはダウンスイングに直接的な原因があります。



その原因の多くは、『ダウンスイング時に正しい軌道でクラブヘッドが降りてこない』というものです。あなたも経験きっとあるでしょう。

この『ダウンスイング時に正しい軌道でクラブヘッドが降りてこない』一番大きな理由は、







バックスイング時に正しく両肩が回転せず、胸の面が回転していないのが原因です。







バックスイング時に確実に両肩を回転させ、胸の面を回転させることができれば自然とダウンスイング時に正しい軌道でクラブヘッドを下ろしてきやすくなる。







吉本理論のバックスイング時に『クラブヘッドをインサイドに引く』ことで、バックスイング時に正しく両肩を回転させ、胸の面を回転させることができ、その後ダウンスイング時にも正しい軌道でクラブヘッドを下ろしやすくなります。



アドレスからバックスイング始動後、『シャフトが地面と平行のポジション』までに正しく胸の面を回転させることができることにより、ダウンスイング時に正しい軌道でクラブヘッドを下ろしてきやすくなる。という醍醐味がある。



アドレスからバックスイング始動後、『シャフトが地面と平行のポジション』までに胸の面を回転させ、両肩を回転させるのは、ダウンスイング時に正しい軌道でクラブヘッドをおろしてくることが目的となる。



「ボールを見ろ!」や、「クラブヘッドを見ろ!」という事を耳にしますが、吉本理論では先程ご説明させて頂いた、上半身の軸がブレなければ

肩を動かした際に目線を動かしても問題ありません。



この項目をご覧にただければ、私がオリジナル理論である『2モーションバックスイング打法』がいかに、誰でも、再現性が高く、悪癖を再発させないのかが理解していただけると思います。



この『2モーションバックスイング打法』についてもう少しご説明させて頂きます…







吉本理論の2モーションバックスイング打法のあげ方の説明



先ほどの⑤までのアドレスからバックスイング始動後、『シャフトが地面と平行のポジション』までが1モーション目の動きとなります。



その後、トップのポジションまでが2モーション目となります。



2モーション目では、腕を使ってトップのポジションまで持っていくことに特化する。



となるのが吉本理論の2モーションバックスイングとなります。



シャフトが地面と平行のポジション(1モーション目)までに、正しく両肩が回転し、正しく胸の面を回転させることができれば、その後のトップのポジションまで(2モーション目)では上半身の軸とシャフトの延長線の間にクラブヘッドがあれば、どの高さに上げても問題はありません。







上げやすい場所は個人差があり、それぞれの上げやすい場所にグリップを上げればそれでOK。

だからこそ、再現性が高いバックスイングが可能になるというのが、吉本理論なのです。







トップのポジションでの間の説明。



トップのポジションでの理想的な間は人それぞれ違う。プロ選手の間が必ずしも自身の理想的な間とは限らない。



間とは、バックスイングで肩の回転が止まってから最後にクラブヘッドが止まるまでの『時差』のことを意味します。



バックスイングでは、肩の回転が止まり、腕の動きが止まり、グリップの動きが止まり、シャフトの動きが止まり、最後にクラブヘッドが止まる。この



肩の回転が止まってから最後にクラブヘッドが止まるまでの時間差が、俗にいう『間』となります。



トップのポジションでは、肩の回転が止まってから、最後にクラブヘッドが止まるまでを待ってあげなければいけません。



その理由は、最後にクラブヘッドが止まるまで待ってあげることによって自然と『間』が生まれるからです。



どれぐらいの時間、間をとらなければいけないかを知るためには、左腕のみで素振りを行います。

左腕のみで素振りを行うことにより、その人にとっての理想的な間を見つけることが可能です。そのコツと方法についてもお伝えします。







いかがでしょう?



前述したように、吉本理論は、『どうしてこの動きはこうなるのか?』など全ての動きにちゃんと『理由』を見付け、上達してきた要素を全て『理論』にしてあります。



そのため、1つ1つに理由があり、私は1つ1つの動きを全て『解説することができる』のです。







>>吉本巧の『吉本理論 -アイアン編-』 -理想的なインパクトの形に特化したアイアン理論- [GY0003]























  1. 2017/7/15(土) 12:41:9|
  2. ゴルフ上達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ